犬がイイ人。

ペットとして犬を飼っている人はたくさんいると思います。「アルプスの少女ハイジ」や「名犬ラッシー」といった数多くの作品の影響を受けてきました。仕事から帰ってきて、帰りを待っていた犬が喜んで動き回るのを見ると、疲れが吹き飛び、癒されます。また、小さい子の遊び相手になったり、お年寄りのかわいい孫になったりと、活躍してくれます。

そんな人気者の犬の魅力の一つは、絆を育むことにあるのではないでしょうか?愛情を注げば注いだ分、飼い主になついて必ず応えてくれます。

いつもペットショップに行くと、その愛くるしい瞳に釘付けになってしまいます。犬には百何十種類もあり、人間もそれぞれ違う性格を持っているように、犬にもいろいろな性格の子がいて、しつけ方や育て方も違ってきます。

犬を選ぶときは、番犬用か、愛玩用か、ショー用か、ブリーディング用か、といった目的によって、犬種もレベルも違ってきます。飼育環境や病気の予防など、正しい知識を持つと、育てる楽しみが広がります。

犬がやがて寿命で亡くなってしまうのは、悲しいかもしれませんが、それ以上に大きな愛情を受け取ることができます。昔から人間の良きパートナー、家族の一員として愛されてきた犬。犬たちが私たち人間を守ってくれるように、私たちも守り続けていかなければならない大切な存在なのです。